ケアマネージャーの仕事を行ううえで理想的なのは、介護を受ける人の側に立ってプランを作成することです。

介護を受けて生活をすることは、介護をする人だけでなく、介護をされる側の人にとっても重要な問題となっています。介護を受ける人が、無理をせず自然に日常生活が送れるように、しっかりとしたプランを作成できるようにするのが、ケアマネージャーの仕事です。

ケアプランを作成する上では、介護を受ける人が本当に必要としているものが何かを正確に見極めることも、非常に重要なポイントです。介護を受ける人の理想に合ったプランを作成するためにはまず、被介護者の日常生活をしっかりと把握する必要があります。

一方で、ケアマネージャーは介護を受ける人だけでなく、介護サービスを実際に行う人とも緊密に連絡をとる必要があります。介護をサービスとして行っている事業者や、専門の施設の職員などとも常日頃から相談をして、介護が必要な人に最適なプランを作成するのが理想的です。

ケアマネージャーは、介護制度を支えている自治体の関係者とも連絡をとって仕事を進める必要があります。ケアマネージャーの仕事は、要介護認定を受けた人を対象にして行われますが、要介護認定の種類によって、必要とされる介護の内容も異なっています。要介護認定のレベルが高い人ほど手厚い介護が日常生活で必要になりますが、人によっては特殊な介護が必要な場合もあります。そうした具体的なプランの作成を事業者や自治体と協力して行っていくのが、ケアマネージャーの仕事です。

 © 2020 - 現実を教えよう!!